ディスパッション

ゴマ write








2話

朝日に起こされ、窓を開ける。 
毒々しい色のキノコがふつふつと生えた芝生。 
キノコに群がる八つ目の蟻がこちらに向かってきたので、 
扉を閉めた。 
さっきの蟻はなんだったのだろう? 

これが異変の始まり。




1話

私を苛立たせる緑の点滅から解放され、 
止まった秒針を跨いで進んでいく。 
休日にもかかわらず、後ろからは悲鳴。 
また緑の犠牲者が出たのかもしれない。 

                





0話

考える事をやめた人、やめたい人の長蛇の列。 
列はみるみる蛇行し自分のいる位置まで迫ってきた。 
最後尾はココ、プレートを持つ男は不精ひげの下でニヤついた。 
急に後ろに手を引かれ列の通過予測地点から離れた。 

時刻は12:00。 





back


イラストレーション ナガノヨシアキ














































SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー